ロマンチセツナ

オートバイで一人旅、旅先でパシャ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
trackback: -- | コメント: -- | edit

畑に行くということ 

PHOTO1082
- 吊り橋渡る -
R1090082s.jpg
GR DIGITAL3


PHOTO1083
- 重荷背負う -
R1090084s.jpg
GR DIGITAL3


PHOTO1084
- 開拓茶畑へ -
R1090078s.jpg
GR DIGITAL3

関連記事

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

コメント

凄いつり橋ですねえ、
床の木の部分を見るとしっかり歩いているところだけ磨り減ってか跡がついてますねえ。

そして”重荷を背負う”の写真の光景も重なってか、そんな部分で生活感を感じたりしました(^^ゞ

犬山にゃん太郎 #WVb5vgCk | URL | 2013/03/22 16:26 * edit *

犬山にゃん太郎さんヾ(^v^)k

この対岸にある茶畑に行くにはこの吊り橋一本です。
この吊り橋もスゴイですが、この吊り橋を何度も行き来した人々がやっぱりスゴイと思います。
吊り橋も茶畑も、吊り橋も茶畑も作った人間も、最高にカッコイイと思います。

周平 #- | URL | 2013/03/22 20:31 * edit *

すごい!!

静岡と言えばお茶が名産。
この橋にはお茶所に賭ける(架ける)思いが伝わってきます。

BIN #- | URL | 2013/03/23 21:11 * edit *

BINさんヾ(^v^)k

ここに来た時まず目に飛び込んできたのが3枚目の風景です。
丹念につくられたことが窺える茶畑、点在する小屋達
そしたらケットラが脇に止まり、親父さんが肥料の袋を肩にひょいと乗せてずんずん吊り橋を渡りだしたのです。
犬山にゃん太郎さんのコメントにもありましたが、吊り橋の板をみれば何度も行き来していることがわかりました。
かなりの距離がありますしかなり揺れるし板はしなるし、、
大変なことを軽々とやっているようでした。
苦労を表に出さず淡々とやり続けてる、、泣けます、、僕はこういう光景に弱いです。

周平 #- | URL | 2013/03/24 06:14 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogmomentism.blog.fc2.com/tb.php/710-371d41c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。