ロマンチセツナ

オートバイで一人旅、旅先でパシャ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
trackback: -- | コメント: -- | edit

吹き抜ける風 

PHOTO1169
- 光のシャワー -
1110703s.jpg
GXR MOUNT A12
Sonnar40mm f/2.8

関連記事

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

コメント

美しい光景ですね~
風の心地良さが伝わってきます。
エアコン20℃は冷やしすぎ~
向きを変えて28℃にしましょう~
やっぱり暑いですぅ~^^;

ハッセルじいちゃん #lalX43Vc | URL | 2013/07/07 10:01 * edit *

最近、山側を走って無いです。
走りに行きたくなっちゃう謝すんですね。

がぁちゃん #- | URL | 2013/07/07 12:25 * edit *

吹き抜ける風。

人と車が一体ですね。
そんなに速く走ったことありませんが、想像できます。
吹き抜ける風。

私も90CC カブに3年くらい乗りました。
魚釣り用です。
既存道路をループで横切って一気に、京浜急行特急停車駅蒲田へ、朝6時着。
車庫へ帰るタクシーが私に気付かず右折。
接触して脚の筋肉が何本か切断。家族の要請で廃車。

自動車にはない風の抵抗を受けて走る。

北海道で遊んだ時、夏休みで、高校生が寝袋だけで随分来ていました。
その気持ちがよくわかりました。
「怪我しないでね!」

「はい。気をつけます」
明るい表情でしたね。

ijin #7ozVZe.w | URL | 2013/07/08 13:52 * edit *

ハッセルじいちゃんさん

この時は光のカーテンの中を入っていく感じでしたよ!
熱い日が続いてますね。
涼を求めて彷徨ってます、、、
バイクはやっぱり冬の寒さの中走るのが一番!だと思います。

周平 #- | URL | 2013/07/09 21:31 * edit *

がぁちゃんさん

是非、山側走ってください。
緑の中を風のように駆け抜けたいですよね。
街中は渋滞で熱気ムンムン、、
僕はやっぱり海や山が好きです。

周平 #- | URL | 2013/07/09 21:37 * edit *

ijinさん

大変な目にあった交通事故も、今となっては良い思い出ではないでしょうか。
ijinさんもACTIVEな人だったのですね。さすがです。

僕の夢は北海道を旅することです。1箇月間は滞在したいですね。
寝袋やテントをバイクに積んで、、、自由に旅したいです。

周平 #- | URL | 2013/07/09 21:43 * edit *

コメントせずにいられず、、、
いい写真だと思います。
バイク乗りとしては、こんな感じで駆け
抜けて行きたい。と常々精進しております。

グンマケン #- | URL | 2013/07/11 23:26 * edit *

グンマケンさん

コメントありがとうございます。
褒めて頂いて恐縮です。
木漏れ日の静寂な森林の中、、真っ直ぐそして時に右に左に切り返して行くワインディング、、この良さはバイク乗りしか味わえない何とも言えない素晴らしい感覚ですよね!

周平 #- | URL | 2013/07/14 08:36 * edit *

周平さん
バイク、いいですよね。ちょっとでもいいので、
素晴らしさを分かってもらえる人が、一人でも増えれば
いいなというのが、私の気持ちです、周平さんの絵からは
同じ匂いを感じるのです。

グンマケン #- | URL | 2013/07/19 02:56 * edit *

グンマケンさん

コメントありがとうございます。
グンマケンさんはほんとのバイク乗り、僕はまだまだぜんぜんひよっこです。
昨年10月に大型免許取得して乗り始めたばかりですから、、

> バイク、いいですよね。ちょっとでもいいので、
> 素晴らしさを分かってもらえる人が、一人でも増えれば
> いいなというのが、私の気持ちです、周平さんの絵からは
> 同じ匂いを感じるのです。

はい、僕もグンマケンさんと同じ気持ちです。
いつかは自由気ままな北海道へのひとり旅、、してみたいです、、

周平 #- | URL | 2013/07/20 09:32 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogmomentism.blog.fc2.com/tb.php/775-77b28623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。